Enterprise Resource Planning Software for construction companies

建設企業向け 基幹業務システム

オプション機能のご紹介

HAKRAシリーズではオプション機能を設けております。お客様の運用に合わてシステム構築をいたします。
下記の内容をご確認いただき、運用している項目、又は運用していきたい項目にチェックをして下さい。

01 進行基準管理
 
解説 工事進行基準は建設業法に定められた法令に則った管理機能です。
工事の進捗度合いにより、収支計上を行います。
 
02 労災保険管理(原価システムのみ)
 
解説 労災保険管理の登録、及び監督署への提出書類を出力できます。また、メリット制にも対応しています。

(帳票例)
一括有期事業開始届/一括有期事業総括表/
一括有期事業報告書/単独有期労災保険管理表
 
03 立替金・相殺管理(原価システムのみ)
 
解説 有償支給を行っている場合、どうしても管理が複雑化してしまいます。システム化することで過払いを防ぐ事が出来ます。

(帳票例)
取引先別立替金一覧表/工事別立替金一覧表
 
04 出面・日報管理(原価システムのみ)
 
解説 作業員・監督員の工数、機械・仮設材の使用時間を工事別に管理することが出来ます。原価として計上する事も可能なので、実人件費や資材経費を含んだ原価把握が可能になります。

(帳票例)
担当者別・工事別・部門別出面管理表/
機材別・工事別機材使用日報管理表
 
05 進捗管理(原価システムのみ)
 
解説 各工事の進捗状況を%で管理します。
今後発生原価や最終利益予想を簡易な方法で管理が出来ます。

(帳票例)
進捗管理表/取引先別進捗管理表/工種別進捗管理表
 
06 出来高管理(原価システムのみ)
 
解説 No.6 各工事の出来高を漏れなく管理したい場合や、大型物件の出来高を管理する場合に適しています。出来高の計画と実績を対比し、今後の予想を出来高を立てて行きます。

(帳票例)
出来高一覧表/工事別出来高管理表/実行予算出来高報告書
 
07 間接費配賦管理(原価システムのみ)
 
解説 どの工事にも属さない原価や経費を、総原価方式又は、個別原価方式、請負金額方式で配賦することが出来ます。

(帳票例)
間接費配賦集計表/間接費配賦チェックリスト
 
08 入金管理(財務システムでは標準装備)
 
解説 お客様よりまとめて入金された場合、どの工事のお金なのか分からなくなります。それを管理するために、請求発行vs入金の管理ができるシステムです。
通常の入金処理も可能です。

(帳票例)
入金予定表、入金実績表、入金実績明細表
 
09 間接部門予算管理(財務システムのみ)
 
解説 部門単位に一般管理費の予算と実績をフォローすることが出来ます。また、部門別に収支管理を強化したい場合に適しています。

(帳票例)
全社予算実績対比表/部門別予算実績対比表
 
10 ファームバンキング(財務システムのみ)
 
解説 各銀行ソフトへのデータ転送、FDへの出力が可能です。最近では各銀行のWebを使った振込処理が可能になってきましたが、振込量が多い月払いの処理にはF/Bが適しています。
 
11 手形発行システム連動
 
解説 手形を印刷する機能です。チェックライターなどで手形を作成する必要がなくなります。
 
12 在庫管理(原価システムのみ)
 
解説 社内で集中購買された資材などを、現場が使用したり、外販する場合に便利な機能です。
税法にも適合されています。
 

カスタマイズへの対応

HAKRAは基幹業務システムとして必要な機能を一通り揃えています。

ゆえに、マスタ登録を終え、必要な設定を完了したならば、導入後直ぐに運用に入ることが出来ます。
しかし、「どうしても自社オリジナルの帳票が欲しい」、 あるいは「標準帳票のレイアウトを変えたい」、 「新たに欲しい機能がある」等の個別のご要望が出る場合があります。
HAKRAは、出来る限り標準状態での運用をお奨めしていますが、 個別のご要望に対しては、カスタマイズでお答えしております。

カスタマイズへの対応

運用設計

原価管理システム、建設財務システムを中心とするパッケージソフトであるHAKRAを無理なく、 そして効果的に導入し、運用してゆくための手法です。 関係各部からなるプロジェクトチームを編成し、システム導入を前提として各業務フローを整理し、見直します。 時としてシステム導入を機に業務改善に取り組むことになります。 情報システム導入による効果を確認するとともに経営管理のレベルアップをはかる手法です。